emuブーツUGGブーツとミネトンカモカシンブーツ

ムートンブーツの歴史

ムートンブーツの誕生

1920 年代にオーストラリアの羊毛刈り達が、羊の毛皮を足に巻きつけ、その不恰好なブーツを「 Ugly Boots (醜いブーツ)」と呼んでいました。これを俗語で「 UGG Boots (アグブーツ:ムートンブーツの別の呼び名)」と呼ぶ様になりました。
「 Ugly Boots (醜いブーツ)」と酷い呼び名を付けられましたが、履き心地がとても良かった為、次第に羊毛刈り以外の人々にも履かれる様になりました。

第一次世界大戦真っ只中の 1930 年代には、戦闘機のパイロット達が、極寒の機内で体を冷やさない為に使用しました。

ムートンブーツの普及

1960年代頃にはオーストラリア西海岸のパースという都市で、サーファーやスイマー達に履かれる様になりました。海から上がった時に、すぐに足元を温めてくれる保温性の高さを気に入ったそうです。同時期にいくつかの小さな会社が、手作業での生産を開始しました。

1970 年代に入るとシドニー等、他の都市のサーファー達も履き始めました。彼らは雪山でスキーをする際にもムートンブーツを履く様になり、ムートンブーツは砂浜だけではなく雪山にも持ち込まれるようになったそうです。

ムートンブーツの流行

1978 年、オーストラリアのサーファー、ブライアン・スミスが、アメリカに持ち込んだ事により、ムートンブーツはオーストラリアだけではなく、世界に広がるきっかけとなりました。この時にカリフォルニアのサーファー達の間で人気が出た事により、後の大流行が生まれました。

2000 年代に入ると、ムートンブーツは「温かいブーツ」から「ファッショナブルなブーツ」へと変わってゆきます。ケイト・ハドソンやシエナ・ミラー等の有名セレブが履いた事により注目を集め、アメリカから大流行が始まり、そのブームは日本を含めた世界中に広がっていきました。

 


トップページ | emu | UGG | ミネトンカ | ムートンブーツのすべて | お手入れや保管 | サイトマップ