emuブーツUGGブーツとミネトンカモカシンブーツ

モカシンブーツとは

モカシンブーツとは

モカシンブーツは元々北米の原住民が履いていたブーツです。一枚革が使用されており、ソール・側面・爪先部分までを包みこみ、甲部分にはU字型の革が採用され革紐が通されています。また、フリンジ(房飾り)が付いている物が多いです。因みに「モカシン」とは、一枚の皮で足を包むという意味があるそうです(北アメリカ東北部の先住民アルゴンクィアン族の言葉で「小さな袋」を意味する「マカック」が語源だという説もあります)。一口にモカシンブーツといってもその種類は様々であり、短靴から長靴まで多種多様なモカシンブーツが販売されています。
フォークロア色の強いシューズですが、あまりスタイルを選ばず様々なファッションで使用されています。

 


トップページ | emu | UGG | ミネトンカ | ムートンブーツのすべて | お手入れや保管 | サイトマップ